手塚治虫エピソード

Vol .2情報処理速度

「火の鳥」「ブラック・ジャック」「三つ目がとおる」「ブッダ」。 名作の同時連載を可能にしたのは、
処理能力が高かったからだ。

エピソード

一度に三つ以上の仕事を同時にこなしていたという手塚治虫先生。多忙な時期は漫画の連載を七本も抱え、その上アニメの制作も行っていたそうです。『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』『火の鳥』など、それらのすべての作品が名作として後世に残っています。たくさんの作品の優れたアイディアを同時に考えていたが、量産が質を落とすということは、決してありませんでした。また、参考に本を読む時は速読で、なんと本一冊を数分で読み終えたそうです。

遺伝子結果

手塚治虫先生の遺伝子解析結果から、「情報処理速度が速い傾向にある」という結果が出ました。「情報処理速度」に関する遺伝子はNRSN2 - TRIB3、HMP19 -GAPDHP71(CTC-430J12.2)、KCTD2、FAM110C、PKNOX1があります。 これらの遺伝子の機能は現在も研究中ですが、この遺伝子のタイプによって情報処理速度が高いかどうかの傾向を知ることが出来ます。 自分のNRSN2 - TRIB3、HMP19 - GAPDHP71(CTC-430J12.2)、KCTD2、FAM110C、PKNOX1遺伝子を知りたい方は、GeneLife GENESIS及びGeneLife Myselfでお調べできます。

手塚治虫先生の遺伝子には、一体どんな秘密があったのか。 解析結果は、近日公開予定です。

エピソード一覧へ戻る