手塚治虫エピソード

Vol .3幸福感

無理だと分かっても、新たな仕事を受け入れたのは、
本当にマンガを描くことに、幸せを感じていたからだ。

エピソード

マンガを描いていられれば幸せだったという手塚治虫先生。 仕事をすることが楽しみでもあったそうです。それ故に、スケジュールのないときでも、新しい仕事をつい引き受けてしまい、寝る時間がなくなって辛い思いをすることも多かったようですが、それでも仕事をあきらめるということはありませんでした。本当にマンガの仕事が好きだったのです。それだけに苦労した作品が完成したときの幸福感は、また絶大だったのでしょう。そんな時の手塚治虫先生の笑顔は、辛い思いを分かち合った仕事仲間の誰もが嬉しくなったそうです。

遺伝子結果

手塚治虫先生の遺伝子解析結果から、「幸福感を感じやすい」という結果が出ました。「幸福感」に関する遺伝子は、CNR1遺伝子が関わっています。自分のCNR1遺伝子を知りたい方は、GeneLife Myselfでお調べできます。

手塚治虫先生の遺伝子には、一体どんな秘密があったのか。 解析結果は、近日公開予定です。

エピソード一覧へ戻る