手塚治虫先生 遺伝子解析結果 一覧

項目名 結果 詳細説明
夜型 標準 体内時計を制御する遺伝子から、夜型に関する遺伝的傾向が分かります。
音感・音痴 やや高い傾向 神経の構成要素であるガラクトセレブロシドの生合成に関わる遺伝子から、音を聞き取る力や、それに合わせて音を発声する力に関する遺伝的な傾向が分かります。 
調和性 高い傾向 体内時計の制御に関わる遺伝子から、周囲の人間との調和性に関する遺伝的な傾向が分かります。
計算速度 どちらかと言えば速い傾向 神経細胞接着分子をコードする遺伝子などから、計算速度に関する遺伝的な傾向が分かります。 
幸福感 感じやすい傾向 神経伝達物質の受容体に関わる遺伝子から、幸福感に関する遺伝的な傾向が分かります。
知的好奇心の強さ 強い傾向 ノルアドレナリンの放出を制御する遺伝子から、知的好奇心に関する遺伝的な傾向が分かります。
想起力 高い傾向 記憶に関わる遺伝子から、想起力(以前あったことを思い出すこと)に関する
遺伝的な傾向が分かります。
注意力・集中力 高い傾向 記憶に関わる遺伝子から、注意力及び集中力に関する遺伝的な傾向が分かります。
付き合い初期のコミュニケーション力 高い傾向 中枢神経系のオキシトシン受容体に関わる遺伝子から、カップルにおける付き合い初期のコミュニケーション力に関する遺伝的な傾向が分かります。
友人に求める趣向 自分と似ている友人を求める傾向がやや高い傾向 神経伝達物質であるドーパミンの受容体に関わる遺伝子から、友人に求める趣向に関する
遺伝的な傾向が分かります。
失敗回避 標準 神経伝達物質であるドーパミンの受容体に関わる遺伝子から、失敗回避に関する
遺伝的な傾向が分かります。
記憶力 高い傾向 記憶に関わる遺伝子から、記憶力に関する遺伝的な傾向が分かります。
言語記憶力 高い傾向 記憶に関わる遺伝子から、言語記憶力に関する遺伝的な傾向が分かります。
行動持続 低い傾向 ノルアドレナリンの放出を制御する遺伝子から、行動持続に関する遺伝的な傾向が分かります
社会的常識性 高い傾向 中枢神経系のオキシトシン受容体に関わる遺伝子から、社会的常識性に関する
遺伝的な傾向が分かります。
被害防止 低い傾向 ノルアドレナリンの放出を制御する遺伝子から、被害防止に関する遺伝的な傾向が分かります。
表情認識(怒り) 認識しやすい傾向 ドーパミンやアドレナリン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質に関わる遺伝子から、怒りの表情認識に関する遺伝的な傾向が分かります。
不確実性への恐れ 標準 細胞の増殖や維持に関わる遺伝子から、不確実な事柄への恐れに関する遺伝的な傾向が分かります。

解析結果トップへ戻る